芸人先生のナレーションは誰?アイドル?








今話題となっているのがBSのEテレで放送されている「芸人先生」です。

テレビをつければほとんどのテレビ番組にお笑いタレントやお笑い芸人が多くの出演しMCなども務めています。

お笑い芸人の活躍できるパワーを大手企業の社員や若者に話を聴いてもらい、仕事や私生活のパワーにかえてもらおうというのが「芸人先生」という番組の趣旨になっています。

笑い芸人の方は長期にわたり下積みや生活苦を強いられ生活してきており、この下積みの苦しさを乗り越えてきた屈強な精神と体験談を聴くいうことは、通常でも企業が研修会で実施していることでありますが、これをテレビ番組の中でやってしまうという企画は珍しくもあります。

ここで気になるのが番組の内容ですが、放送中のナレーッションがとても番組内容とマッチしていて、視聴していてもかわいらしいアイドルのような声のナレーションが気になるところです。

いったいどんな人がナレーションをしているか調査しました!

出典:Twitter 引用:https://twitter.com/Tt1JqGtuwV661Bo/status/1160911247677636615

芸人先生のナレーッションの正体は?アイドルなの?

出典:Twitter 引用:https://twitter.com/nogi_soknyuji/status/765820598551404544

Eテレのナレーションとして出演しているのは、トップアイドルグループの乃木坂46に所属している桜井玲香さんです。

桜井玲香小さな頃からキューティーハニー』や『美少女戦士セーラームーン』が大好きで小学校では学級委員や運動会委員を務めるなど活発で元気な小学校生活を送っています。

中学時代には、華道教室に通い華道好きになり体育会系と文科系の両方の特技をもっており、水泳、体操、テニス、ピアノなども習い、着々と芸能界への道を歩んできています。

高校の進路選択で悩んだ末、乃木坂46の第1期生のオーディションをうけ、長年の夢でもあった憧れの芸能界へ1っ歩足を踏み出しています。

見事にオーディションに合格し暫定選抜メンバーに選ばれ、2012年2月22日乃木坂46の1stシングル「ぐるぐるカーテン」でCDデビューを果たします。

その後、人望もあつく行動力をかわれ2012年6月17日に乃木坂46の正式キャプテンに就任しています。

しかし2019年になり突然のグループ卒業を発表し、2019年9月1日をもって乃木坂46を卒業することを決意します。








芸人先生の再放送や過去の放送は見れるの?

出典:Twitter 引用:https://twitter.com/Tt1JqGtuwV661Bo/status/1160918561293869056

芸能人先生はNHKでも人気番組であり、NHKのオンラインホームページから視聴することが出来ます。

番組を見逃してしまった方や、日頃忙しい方にとっては非常に嬉しい、コンテンツとなっています。

また、社会人として働いている方々は人それぞれ試練を乗り越えて来ているとは思いますが、芸能人という自分とは変わった目線からの体験を聞くことにより自分に変化が現れたり、自分に気づきがあったりします。

自分の振りかえりをする意味でも、再放送を視聴することは自己啓発としてプラスになります。

悩みごとや自分に困難がふりかかった際の参考にきっとなるはずです。








NHK番組でナレーションをした芸能人は?

NHKでナレーションをやっている人は結構多く、芸能人ならではのユーモアや経験を活かしナレーションは好評です。

NHKでナレーッションをした人で意外な人物をご紹介します。

貫地谷しほり プロフェッショナル 仕事の流儀(NHK)

小さい頃からドラマや数々の映画で活躍してきた貫地しほり「西遊記2〜妖怪の逆襲」(日本語吹替、2017年9月8日公開)にも声優として登場しており、マルチに活躍する女優です。

草彅剛  ブラタモリ(NHK)

言わずと知れた人気アイドルです。語り口調が優しくナレーションにぴったりのタレントです。芸能界活動で色々ありましたが、今後もナレーションを続けて欲しいところです。

 

宮迫博之 「世界一 イチバンに挑む人々~イギリス・ギネス世界 記録」(NHK)

ナレーションはハマり役のお笑い芸人です。歌も上手い宮迫さんはナレーションとしても聞き取りやすいのでナレーターとしての評価は高いと思います。

ま と め

芸能人先生のナレーッションは乃木坂46の桜井玲香が担当し、内容にマッチした語り口調で番組を盛り上げています。

 

番組構成上芸能人の説教とも思えそうですが、番組の良さが伝わらないでしまうことも考えられナレーションの役割は重要です。

 

笑いあり考えさせられる部分もありメリハリの利いた番組で、今後も視聴者を楽しませてしいものです。